" />
消費税

消費税

【初めての税法】税理士試験消費税法の勉強方法【受かりやすい】

2021年9月19日

Avatar photo

YC

中卒・元パチプロの30代 現在会計事務所勤務 税理士試験3科目合格済み (簿財消) 2021年法人税法不合格 2022年法人税法結果待ち 2023年相続税受験予定 日商簿記1級、全経簿記上級保有 TAC通信生

実務上最も使う機会が多い人気の税法科目、消費税法。

筆者は第68回の税理士試験で合格しました。


消費税法は受験者数も多く、税法初学者も多いので比較的受かりやすい科目です。

初めての税法としておすすめの科目です。


この記事では消費税法の攻略法について考えてみます。

この記事でわかること

  • 初めての税法科目で消費税法をおすすめする理由
  • 消費税法の勉強で重要なこと
  • 合格者の勉強法
  • 筆者の合格年度の成績、本試験の出来

(注)筆者の合格した68回本試験時点ではインボイス・軽減税率の論点はありませんのでその点はご注意ください。



もはや消費税法はミニ税法とは言えませんね。

でも必ず実務で役に立ちます、頑張っていきましょう。

専門学校に行けるなら

独学も専門学校も両方経験した筆者的には、「専門学校行けるなら行った方が絶対に良い!」

「独学では絶対受かりません!」とは言いませんけど、やっぱり非効率なんですよね。

資格試験では大事な論点、大事ではない論点が分かれます。

独学ではどこが大事なのかがわからないので無駄に悩んだり、どうしても時間がかかってしまうんですよね。

なので最短で合格したいならやっぱりプロの力は借りるべきです。

簿記、税理士なら筆者も利用している大原かTACがやっぱりおすすめです。

資格の大原は、短時間での効率学習をしたい方にオススメ


資格の学校TAC

初めての税法科目で消費税法をおすすめする理由

筆者が消費税法をおすすめする理由は以下の点です。

  • 学習ボリュームが他の税法と比べて少ない
  • 会計科目と同時に学習している受験生が多い
  • 受験者数、合格人数が多い
  • 実務において損害賠償で訴えられる税目NO.1だから

詳しくみていきましょう。

消費税法の勉強時間

税理士試験の科目別ボリューム

(TAC公式HPより)


TAC公式によれば消費税法の勉強時間は350時間になっています。

実際に筆者が受講した感じでも他の税法よりはボリュームは少ないです。

ただ、合格するには500から700時間はかかるでしょう。

あくまでも全範囲の学習が終わる時間が少ないだけなので注意してください。


税法が初めての方は理論暗記で絶対に苦戦します。

消費税法はボリューム的にも初めての税法にちょうどいいです。

消費税法のみ受講している受験生は少ない

学習時間別オススメ科目

(TAC公式HPより)

消費税法はボリュームの少なさから会計科目と一緒に受験する受験生が多いです。

専門学校もそれを薦めてきます。

筆者も簿記論と一緒に初めての税法科目として消費税法を受講しました。


はっきりいいますが働きながらだと1科目に絞ったほうがいいですよ。

筆者は消費税法の初受験のときはまったく太刀打ちできませんでした。

複数科目を同時に勉強しても合格レベルまでいけなければ意味ないです。


逆に言えば、消費税法だけに絞って学習すれば初学でも本試験までに充分合格レベルに届きます。

消費税法は記念受験者も相当いるはずです。

ポイント

働きながらなら消費税法だけに集中して受験するのがオススメ!会計科目と同時受験はかなりキツい!

受験者数、合格人数が多い

令和3年度税理士試験結果表

(国税庁HPより)

消費税法は税法科目の中で最も受験者数と合格者数が多いです。

初めての税法科目として選択する受験生も多いので母集団のレベルも高くないです。

なんとなく他の税法科目より合格できる気がしてきませんか?

消費税法は損害賠償で訴えられる可能性が高い

税理士職業賠償責任保険 事故事例2021年版

(税理士職業賠償責任保険 事故事例2021年版より)


消費税法は税理士のミスで損害賠償を請求される可能性が最も高いです。

支払件数、支払金額ともにダントツでNO.1


試験勉強をすれば実務でもミスが多い届出関係や納税義務、取引分類など網羅的に学習できます。

軽減税率やインボイスなど話題も多い科目なので学習しておいて損はないです。

消費税法の勉強方法

理論は全部覚えるつもりで

机の上のMac

消費税法の理論の題数は40〜50題。

これは法人税法の半分以下です。

とりあえず全部覚えるつもりで暗記していきましょう。


消費税法の理論はとにかく覚えにくいです。

各論点の用語の意義から覚えていくのがいいでしょう。

用語の意義から覚えて計算とリンクさせながら本文の暗記をすると理解が深まります。


本試験ではべた書きが書けないと終わってしまいます。

べた書きとは・・・理論の条文をそのまま書き出す問題。本試験の理論問題で必ず出題される。理論教材の丸暗記だけで対応可能。

A,Bランクは完璧に、Cランクでも税法用語を使いながら作文で対応できるくらいにはなりましょう。

べた書きが空欄だとその時点で不合格になる可能性が高いです。

理論マスターの◎と○印を優先させて、▲印は余裕があればでOKです。

サラリーマン

理論暗記ってどうやってやればいいんや?

丸暗記ってどの程度までやればいいの?

キャリアウーマン


こんな方にはこちらの記事がおすすめ。

ポイント

消費税法は理論の題数が少ない!基本は全暗記のつもりで!

応用理論はドクター、直前テキストで

ドクター

本試験ではべた書きの他に応用理論が出題されます。

応用理論は理論ドクターと直前テキストで対策しましょう。

応用理論とは・・・実際の取引事例に対してどのような課税関係になるかを問われる問題。理論教材の暗記プラス理論の繋がり、理解が必要な問題


応用理論は柱上げ中心にやりましょう。

問題文を読む→関連理論の柱を上げる

これをひたすら繰り返します。

柱上げとは・・・1題の理論を構成する大きなタイトルを「柱」といいます。応用理論では複数題の理論から必要な「柱」だけ抜き出して解答します。この「柱」を抜き出すことを「柱を上げる」といいます

柱上げ


筆者は柱のタイトルを紙に書き出して、本文は思い浮かべるだけの方法で勉強していました。

本文まですべて書きだすのは時間がもったいないのでやめましょう。

暗唱だけでも本試験で書けます、大丈夫です。


応用理論は専門学校の解答テンプレをパクリましょう。

また計算の解説も応用理論の思考のプロセスの参考になりますので使えます。

「当該取引は○○に該当するため○取引に該当する。したがって○円は課税価格に算入する」

↑こんな感じのテンプレを覚えて○部分を変えればOKです↑


応用理論を全部対策するのは時間的に厳しいですよね。

応用理論はパターンが決まっているので部分点狙いでいきましょう。

計算は取引分類と納税義務判定

標識

計算で重要なのは「取引分類」と「納税義務判定」です。

特に納税義務判定を間違えると一発退場になります、答練や過去問をつかって練習しましょう。

計算で差がつくのは納税義務判定くらいです。

どの論点でも解けるようにしておきましょう。


消費税法は計算もパターン化されています。

原則課税、簡易課税、国等の計算パターンを覚えたら総合問題は納税義務判定と取引分類だけやりましょう。集計しなくてもいいです。


この方法なら計算問題1題30分くらいで終わります。

ガンガン回してください。

ただ、あまりやらなすぎると計算パターンを忘れてしまうので何日かに1回はに最終値まで解きましょう。


間違えた取引分類は別途ノートにまとめておきます。

間違えた箇所の問題文をコピーして貼り付けておきましょう。

これを繰り返すと8月には「弱点ノート」ができあがります。

本試験までにこの弱点ノートを完璧にすればOKです。


あまり早い時期から弱点ノートを作ると量が大変なことになるので

作り始めるのは直前期の答練が始まってからでOKです。

消費税法の計算はスピードも必要です。スピードは書く速さではなく取引分類の判断で差が付きます。

取引分類は鼻歌まじりで瞬時にできるレベルを目指しましょう。

ポイント

計算は納税義務判定と取引分類が命!手が止まっているようでは勝てない!

筆者の合格年度の成績

成功

合格者のブログを見ると皆さん上位10%とかです。

すごいですよね?


筆者は普段の答練で上位10%に入ったことは1度もありませんよ。

10%どころか常に40%くらいをウロウロしてました。


ただ合格年度の全国模試だけはなぜかSランクでした。

びっくりして質問電話で講師に電話してしまいましたよw


講師いわく普段の答練は

  • 出題予告しているクラスもある
  • 通信生のなかには時間無制限で解いたり、ベタ書き丸写し勢が存在する
  • ガチで解いている通信制は少ない

らしいです、いったいなんの意味があるのか…



近年では全国模試も事前に模範解答が同梱されていますよね

おそらくコロナの影響で仕方ないのでしょうが、もはや答練の成績はあてになりません。

専門学校の成績が悪くても絶対に受験しましょう。

ポイント

通信生の公開模試の平均点の高さはチート級!会場受験者のみの集計で自分の位置を把握すべし!

消費税法合格体験記(68回)

若い男

理論

・納税義務

柱上げはすべてOK。

ただ柱上げの時点で「全部書いてたら絶対に時間内に終わらん。」と思ったのでカッコ書きなんかはほとんど省略しました。


・確定申告べた書き

完璧ではないけど6割くらい書けた、作文多め。


・輸出物品販売場

白紙


・選択届出書、中間申告、還付申告

言ってることがおかしくない程度に作文解答、結論は合わせた。(たぶん)


計算


・簡易課税

最終値合わず。


・原則課税

わからない箇所は勘で、基本的なところは全部できた。

時間切れで最終値まで解答できず。


これで合格でした。

TAC、大原の模範解答では自己採点ボーダージャストくらい。

当時は簡易課税は最終値まで合わせなきゃ受からんと言われたもんですが。

普通に合格してました、たぶんガチ受験生以外の理論の精度は相当低いです。

基本的なところがちゃんと出来て、理論と計算バランスよく解答すれば受かります。

理論に白紙の箇所があっても受かります。


別に専門学校の成績が悪くてもいいじゃないですか、合格すれば関係ないですよ。

ポイント

普段の答練の成績が悪くても必ず受験しろ!奇跡は受験しなけりゃ絶対起こらない!

>>トップページにもどる

>>税理士試験のページにもどる

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
Avatar photo

YC

中卒・元パチプロの30代 現在会計事務所勤務 税理士試験3科目合格済み (簿財消) 2021年法人税法不合格 2022年法人税法結果待ち 2023年相続税受験予定 日商簿記1級、全経簿記上級保有 TAC通信生

-消費税
-,